【百鬼異聞録】犬神カードの効果一覧

犬神カード一覧

式神カード

犬神 能力
攻撃力2/体力5
犬神のレベルを上げた時、「心身練磨」を1枚手札に加える。

心身練磨…犬神の攻撃力と体力を永久に+1。

【解説】
レベルが上がるたびに自身のステータスを永久に+1/+1するカードが手に入る式神です。
レベル1で3/6、レベル3になると5/8にできるので基礎ステータスは最高クラスです。
手札に何もプレイするカードが無くても犬神のレベルを上げて攻撃するだけで、それなりに強い行動になります。

呪文カード

絆の価値 能力
レベル①
犬神の体力を全回復する。
【解説】
犬神の体力を完全に回復する呪文カードです。
下方修正前は《心身練磨》と同じ効果と名前で、2枚手札にあればレベル1の状況から犬神のステータスを5/8にできたカードでした。
効果が変わってからは使う人はほぼいません。

 

帰心 能力
レベル②
犬神を復活させる。(犬神気絶時のみ使用可能)
【解説】
気絶した犬神を体力全回復で復活させるカードです。
犬神は戦闘エリアに立つことが多いので必然的に気絶する場面が多くなります。
桃の精の《春告げ桃》や《輝く桃花》と違って付与効果なしで鬼火を1つ消化することになりますが、犬神自身で使えるのが強いです。

 

覚醒・犬神 能力
レベル③
覚醒:自分のターン終了時、犬神が復活し、攻撃力+1と体力+1を永久に獲得する。

覚醒…式神の能力を置き換える。(覚醒は式神が気絶しても解除されない)

【解説】
自分のターン終了時に犬神が気絶していたら復活して永久的に+1/+1されます。
一度使えば無限に復活して圧力をかけれる覚醒カードですが、
復活がターン終了時なので相手のターンに倒されても次の自分のターンに行動できないのと、使用したタイミングで何のバフもかからないのが弱点です。

 

戦闘カード

心剣 能力
レベル① 装甲+2
【解説】
装甲2点獲得する戦闘カードです。
レベル1から使えるのが強みです。

 

悪・即・斬 能力
レベル② 攻撃力+4
【解説】
攻撃力4点獲得する戦闘カードです。
唐突なリーサルを可能にするほか、かなり大型の式神も除去することができます。
犬神デッキには必ず採用しておきたい1枚です。

 

守護 能力
レベル② 装甲+4
誘発:自分戦闘エリアの犬神以外の式神が攻撃された時、自動で発動する。

誘発…相手ターン中に条件を満たした場合、鬼火と手札のこのカードを消費して効果発動する。

【解説】
装甲4点を獲得し、味方式神を守る誘発効果が付いている戦闘カードです。
レベル1で使えない点以外は《心剣》の上位互換になるカードです。

 

形態カード

心剣乱舞 能力
レベル③ 攻撃力4/体力9
犬神のカードは瞬発を獲得する。

瞬発…ターン最初に使用する瞬发カードは鬼火を使用しない。

【解説】
形態中は犬神カードすべて瞬発を獲得します。
この効果は形態中ずっと続くので、このカード自体が瞬発を持っているより強力です。
レベル3にアップ→戦闘エリアの敵式神を殴って倒す→《心剣乱舞》使用で全回復→《心身練磨》使用でステータス7/12。
この黄金ムーブが本当に強いです。

 

心技一体 能力
レベル③ 攻撃力4/体力9
増強:このゲーム中に使用した「心身練磨」の枚数だけ犬神戦闘カードは攻撃力+1と装甲+1を獲得する。

増強…手札で増强の条件を満たした時、カードの能力が強化される。

【解説】
使用した《心身練磨》の数だけ犬神の戦闘カードが強化される形態カードです。
《絆の価値》が《心身練磨》と同じ効果だったときは戦闘カードがすべて+5/+5になって、《心剣乱舞》以上に使われた形態カードでしたが、《絆の価値》の修正によって相対的に弱体化を受けました。
現在はほとんど見かけません。

式神リストはこちら

コメント