【百鬼異聞録】覚カードの効果一覧

覚カード一覧

式神カード

能力
攻撃力2/体力5
自分のターン開始時、敵に手札のランダムな1枚を公開させる。
【解説】
相手の手札を見ることができる式神です。
相手の行動を予測しながら最適な行動を取ることができます。

呪文カード

読心 能力
レベル①
瞬発
敵式神1体を選択し、その式神に対応する敵の手札を公開させる。

瞬発…ターン最初に使用する瞬发カードは鬼火を使用しない。

【解説】
敵式神1体の手札にあるカードすべて公開させます。
《野球爆弾》や《強要》とセットで使うことが多いです。

 

野球爆弾 能力
レベル①
式神1体に2ダメージを与える。
敵が公開している手札の中で、その式神に対応しているカード1枚につき与えるダメージ+2。
【解説】
攻撃呪文です。
対応したカードが1枚なら4点、2枚なら6点、3枚なら8点ダメージが出ます。
何もなくても2ダメージ出るので使いやすいカードです。

 

強要 能力
レベル②
瞬発
敵が公開した手札を変更し(最大3回)、自分はカードを1枚引く。
【解説】
相手の手札を変えつつドローもできる瞬発カードです。
3回目で確定するので、2回目までである程度妥協するのも必要だったりします。

 

根に持つ 能力
レベル②
次に味方式神に対して呪文が使用された時、呪文を使用した式神に再度呪文を使用する。
誘発:敵が味方式神に呪文を使用した時、手札のこのカードが発動する。

誘発…相手ターン中に条件を満たした場合、鬼火と手札のこのカードを消費して効果発動する。

【解説】
味方に対して使った呪文カードを使用者にも使用するカードです。
注意点はドラゴンクエストのマホカンタのように跳ね返すわけではなく、相手の呪文効果も受けます。
ですので相手の判官が《死の宣告》をこちらの覚に使用してこのカードが発動すると、
覚と判官、どちらも気絶します。
自分のターンに使用すれば、1度発動するまで永久に効果が残ります。

 

覚醒・覚 能力
レベル③ 攻撃力+1/体力+1
敵の手札を全て公開させる。
覚醒:ターン開始時、敵の手札を全て公開させる。敵が公開している手札のカードを使用した時、覚の攻撃力+1/体力+1。

覚醒…式神の能力を置き換える。(覚醒は式神が気絶しても解除されない)

【解説】
お互いのターンが開始するたびに敵の手札を全て公開させます。
敵ターンの通常ドローはターン開始後なので見ることができませんが、
書妖の《明心》などはターン開始時のドローなので公開されます。

戦闘カード

物真似 能力
レベル①
増強:敵が公開している手札の呪文カード1枚につき装甲+1、他のカード1枚につき攻撃力+1。

増强…手札で増强の条件を満たした時、カードの能力が強化される。

【解説】
覚唯一の戦闘カードです。
《覚醒・覚》使用後は覚のステータスが大きくなりやすいので、
この戦闘カードで相手からすると予想外のリーサルを食らわせることができます。

形態カード

霊視 能力
レベル② 攻撃力5/体力5
敵プレイヤーは公開された手札を使用するたびに2ダメージを受け、自プレイヤーは2回復する。
【解説】
アグロデッキに強い形態カードです。
相手はダメージを与えるためにカードを使用しているつもりが、逆に回復されて自分がダメージを受けることになります。
青坊主と高相性です。

 

心の迷宮 能力
レベル③ 攻撃力5/体力5
敵プレイヤーは公開された手札を使用する時、追加で鬼火を1点消耗する。
増強:敵の手札が全て公開された場合、このカードは瞬発を獲得する。
【解説】
《覚醒・覚》使用後に使うと瞬発で使用できます。
相手の行動を大きく制限することができ、覚醒後はステータスも大きい為、確定除去カードがない相手は詰みの状況になります。
あと絵がめちゃくちゃ好きです。

式神リストはこちら

コメント