【百鬼異聞録】ランプコントロール

ランプコントロールデッキ

評価点(シーズン4) 9/10
難易度 ★★★★ー

これまでの妖狐を使った呪文デッキは、桜の精の枠が桃の精か鳳凰火が一般的でした。

桃の精の場合は火力不足、鳳凰火の場合は復帰力と回復不足が弱点でしたが、どちらも補える桃の精はこのデッキにぴったりの式神です。

2枚ずつ入っている《青燈怪談》か《禅心》を引けばデッキが回るので意外と安定感が高めです。

キツイのは薫+酒吞童子や、序盤から大ダメージを与えてくる清姫鈴鹿デッキ、鬼切デッキです。

とはいえ、《覚醒・妖狐》+《灯明》で敵陣営を更地にしてから桜の精の遅延が決まれば誰が相手でもほぼ勝てます。

《百物語の火》を発動するまでは鬼火を残さなければ《灯明》が手に入らないのでプレイ難易度が格段に上がります。

コンボデッキなので手札の枚数が勝ち筋です。
呪文の無駄撃ちは極力控えましょう。

マリガン

確定キープは《集気》《風刃連斬》《覚醒・妖狐》《青燈怪談》《百聞一得》《百物語の火》《禅心》

vsアグロ系

※清姫+鈴鹿御前や彼岸花、茨木童子などの序盤から圧力をかけてくるデッキがここに入ります。
・言うまでもありませんが《禅心》が最優先で欲しいマッチです。
・コンボパーツよりも回復カードやドローカードを集めましょう。

妖狐

《集気2》《風刃連斬2》《覚醒・妖狐》

桜の精

《禅心》が引けていれば《散り桜2》

青行燈

《青燈怪談1》《百聞一得2》《百物語の火1》

青坊主

《禅心1》《仏光2》《捨命》
《禅心》が引けていれば《仏印2》

vsミッドレンジ系

※幻境などのレベル2のカードに強カードが揃ているタイプのデッキがここに入ります。
・マリガンはアグロデッキとほぼ変わりません。

妖狐

《集気2》《風刃連斬2》《覚醒・妖狐》

桜の精 

《覚醒・桜の精1》
《禅心》が引けていれば《散り桜2》

青行燈

《青燈怪談1》《百聞一得2》《百物語の火1》

青坊主

《禅心1》
《禅心》が引けていれば《仏印2》《仏光2》

vsコントロール系

※チャージデッキや時限系、青坊主絡みのデッキがここに入ります。
・序盤にダメージを受ける機会が少ないので《青燈怪談》が何よりも欲しいマッチです。
・コンボパーツの優先度もかなり高いです。

妖狐

《集気2》《風刃連斬2》《覚醒・妖狐》《尽きぬ愛》

桜の精 

《覚醒・桜の精1》

青行燈

《青燈怪談2》《百聞一得2》《百物語の火1》

青坊主

《禅心1》

シーズン4のデッキはこちら

コメント

  1. 匿名 より:

    キツイのは薫+酒吞童子や、序盤から大ダメージを与えてくる清姫鈴鹿デッキ、鬼切デッキ

    全部環境デッキだから環境的な相性が良くないのか

    • 匿名 より:

      今期は環境デッキが多いのでそれぞれ相性があるって感じですね